震災に備えるために|大まかな見積もりは無料でできる注文住宅について

大まかな見積もりは無料でできる注文住宅について

インテリア

震災に備えるために

部屋

安全と資産価値を守る

1981年の建築基準法改正以降に新築された家は、震度6の地震が来ても、すぐには倒壊しないことになっています。しかし被害がまったく出ないわけではありません。とりあえず人命は守られますが、家が傾いて住めなくなる恐れがあります。本当に地震に強い家は、住人の安全を確保できるだけでなく、不動産の資産価値を低下させないというメリットがあります。地震に強い家を建てるには、できるだけ均等に重量を支えられるよう、柱や壁の配置に注意する必要があります。開口部が同じ側に集中していると、耐力壁が少なくなり地震に弱くなります。筋交いなどを用いた耐力壁は、建築基準法に定められた最低量より多く配置することで、より地震に強い家になります。

免震構造の特徴

一般には木造よりも、鉄骨造や鉄筋コンクリート造のほうが地震に強い家と思われがちです。しかし耐震基準を満たしているなら、木造だから危険ということはありません。鉄骨や鉄筋コンクリートは重くなるため、とりわけ地盤の強度が重要になります。軟弱地盤の場合は地盤改良工事を行なう必要があります。地震のエネルギーに耐える耐震構造に対して、エネルギーを吸収し分散させる免震構造や制震構造を採用した家は、より地震に強いことから人気があります。免震構造は家の基礎の部分にダンパーを入れ、地面が揺れても建物の揺れを軽減できるようにしています。まだ着工件数は多くありませんが、今後予想される巨大地震への備えとして普及しはじめています。